2009年03月28日

時事ニュースから・・・

おはようございます。。。


久しぶりの日記ですみません。週末なのですが、今回は職場の後輩が所用があると言うため、週末なのに今日・明日仕事のニッシーです。


さて、タイトル通り本日は最近ニッシーがニュースで最近思うことについての本日は私見です。あくまでもニッシー個人的な意見です。最近気になったニュースを2つほど。


?T.ネット殺人に判決!2人に死刑1人無期懲役


闇サイト殺人にて、3人で1人の女性を共謀して殺害。2人が死刑、1人が無期懲役と言う判決が出た。


http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090318AT3D1800R18032009.html


ニッシーは個人的に、この裁判は女性裁判長であったため今回はそこも注目していた。原告である被害者の母親は、3人とも死刑を望んでいたらしい。


今回1人が無期懲役になったことによって母親は記者会見で


「1人が自首したと言うことで無期懲役と言うのは、どう考えてもおかしい。死刑を望む。」


と言う旨の発言をしていた。


確かに、被害者側にしてみたら娘が殺害されているわけだし、被告には死刑を望む。。。心情的には理解できます。


しかし、裁判の通例に当てはめるとニッシー的には、この判決は全くもって妥当判決ではないかなと、、、そう思います。


自首したら刑が軽くなる。。。



ここに関しては色々と異論があるでしょう。


確かに、今回は被告は自首をしましたが無期懲役です。


しかしながら裏を返すと、自首をしても無期懲役なんです。。


捜査段階の前でしかも犯人の特定も分からないのに、その段階で自首してきたのです。それで死刑はあんまりだろう。


と言うのを、女性の裁判長が判断しているのです。確かに、被害者の心情は分かりますが、ここで死刑にしてしまったら自首した意味がない。。。私はそう思います。


ここでよく言われるのが、「無期懲役なんて、刑務所での態度が良かったら10年くらいで出所出来るんでしょ。」


と言う話です。(マスコミもよくこの表現を用いていますが)


実際に調べてみました。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%9C%9F%E6%87%B2%E5%BD%B9#.E7.84.A1.E6.9C.9F.E6.87.B2.E5.BD.B9

(ウィキペディアを用いているので信憑性は欠けますが・・・)


どうやら、無期懲役の場合10年で出られると言うのはデマで、実際は最短でも20年はかかるみたいです。


20年ですよ。人生の4分の1を刑務所で過ごすことになる。結構重いと個人的には思いますけどね。しかもこれは最短ですから、、、


これを考えると『自首しても無期懲役』と言うのは、結構重い判決だと私は思います。


マスコミは、どうしても被害者側にたった報道をするので被害者感情に陥りやすいですけれども・・・マスコミももう少し報道の中立を保ってほしいものです。


裁判員制度が始まったら、こういう事件こそ裁判員に選ばれた方は、マスコミの報道に惑わされず自分の信念で意見を述べてほしいものです。


?U.西松献金事件について


民主党、小沢代表の発言の中に、なぜ自分だけと解釈できる発言が繰り返されていた。なぜ総選挙が迫っている今の時期なのか、なぜ民主党だけ狙い撃ちするのか。


こういう発言が広がっています。


ま、そんなことをいっても違反は違反です。


自分が違反したことは紛れもない事実である。他人も同様な違反をして捕まらなかったのは面白くないのは確かです。だからといって自分の違反が帳消しとする理由になりません。心情的な部分と事実認定とは別の次元で物事を考えなければなりません。


しかしながら、政治の世界では(与党の策略か???)時たまこういう報道がなされています。


過去にも、辻元議員がまだ社民党だった頃、当時の鈴木宗雄議員の通称ムネオハウス問題等で証人喚問があった際に鈴木議員を強くまくし立てた人でニッシーも非常に強く印象に残っています。


その矢先に、辻元議員の秘書の給与問題が発覚。結果的に、鈴木議員より先に議員辞職する形になってしまいました。


この時もニッシー思いましたが、彼女だけが狙い撃ちをされたという観は、どうしても否めませんでした。鈴木宗男氏への証人喚問で彼女が登場しなかったら、明らかに浮上しなかった問題でしょう。今回の小沢問題と似たようなものを感じます。何となく、野党が勢いをつけているので与党が議席を守りたいがために、民主党のトップを狙いうちをしたのか。。。そう疑ってしまいます。


はっきり言ってもっと「巨悪」がゴロゴロしていだろうに、それらは放置されて彼女のような人がつぶされる。この点は、当時は納得ができませんでした。この社会に根ざした深い問題があるように感じます。


確かに彼女の行ったことは悪であり事実です。先にも書きましたが、違反は違反です。最後は過ちを認めてきっぱりと決断した。まあいろいろな反発や批判があることでしょうけど、ああいう人が社会から切り捨てられることないようであらねばと思います。


少し目立って頑張りすぎると、それをつぶしてしまえという力が働く−−それが日本の政治状況の一面なのでしょう。社会の閉塞感は、ますます深まるばかりだなと思います。


なので、確かに違反は違反であるが今回の西松献金事件についても小沢発言にある「なぜ、自分だけが??」ともとれる発言が繰り返されていたこと・・・これは心情的には理解できます。


おそらくは「みな似たようなことをやっているのに、どうして私だけが」ということに心理が働いているのでしょう。


西松献金事件そのものは違反は違反だとしても、他の議員についてはすべて調べもせずに現状維持で「免罪」されてしまうなら、やはり納得がいきません。


日本の政治の実態


いつになっても変わらないですね。


次の選挙はどこにいれようか。。。


今回の西松献金事件でニッシーは完全に無派閥になりました。
posted by ニッシー at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ついに実現、高速道路料金値下げ決定!!!今年の混雑はいかほどに???

おばんです。


ここ数日何かしら動いているニッシーでございますが、昨日は会社が休みだったため、思いっきり寝ておりました。(笑)たまには、こういう完全休養日も必要です。(^_^;)


仕事に審判に忙しくなりそうです。

【本日までのニッシー】
1日:仕事
2日:仕事
3日:審判の練習(チームの野球練習に乱入)
4日:仕事
5日:仕事
6日:仕事
7日:仕事
8日:クラブチーム(硬式)オープン戦審判、2試合(球審、塁審)
9日:完全休養日(終日アパートで過ごす)
10日:仕事(サブマネージャー会議)


明日以降もこんな日々です(笑)


さてさて本題。


前回の日記で書いた高速道路大幅割引!!!ついについに実現です。わーい、わーい。(^◇^)(^◇^)


定額給付金に対する賛否両論はありますが、とにもかくにも第二次補正予算が衆議院の再可決により確定いたしました!!!これにより高速道路料金値下げも確定、予定では3月28日(土)から新割引が適用されます(本州四国連絡橋、東京湾アクアラインはその前週に前倒しにて半額料金実施)。とにもかくにも嬉しい限りです。


割引初日となる今月28日からの土日祝日には果たしてどれだけ多くの人が高速道路を利用するのでしょうか。非常にニッシー的に注目であります。一方、割引適用前の直前の休日である今月20日からの3連休は、3連休ではあるけれどもおそらく、ETC割引一律1,000円による次週までの待機組が大量に発生し高速道路利用者が極端に少ない3連休になるのかもしれません。しばらくは、ニッシーも人の動きを見てみようとは思っています。


そもそも一般ドライバーの高速道路利用平均距離は一回あたり通行料3000円前後程度の利用者が最も多いらしいです。ニッシーのような野球審判やただ単に、高速道路を走りたいと言う理由で一度に通常料金で5,000円を超える距離を頻繁に連続利用する人はさほど多くないでしょう。


割引適用初期は一回1000円という魅力によって普段長距離運転をしない人も一時的に長距離走行に挑戦する人たちが増加するかもしれませんが、大型連休を除き、時間が経過していけばいずれ道路混雑も現状程度へ解消されるのではないかと個人的には予想しています。


以前は、高速道路値下げはガソリン代高騰による交通費抑制と言うもっともらしい理由はついていましたが、現在はガソリン単価は落ち着いており、おそらくこのままゴールデンウィークまで行くであろうと予想できます。去年のガソリン代の高騰がウソのようです。


それにプラスして、今回の高速道路大幅割引。おそらく今年のゴールデンウィークは、昨年とは比べ物にならないぐらいの交通量が増加し行楽地渋滞を巻き起こすことでしょう。


そんな今年のニッシーのゴールデンウィーク、おそらくニッシーは後半に取得予定です。目的は・・・おそらく審判(笑)。混んでない時間帯を狙っていきます。


高速道路と言うと、混む所は大体決まっており今回の大幅割引によってただでさえ渋滞が激しいのにさらに激しくなることも予想されます。ニッシーの分析によると関東限定ですが東北道、東名、中央道の3道路。東北道の場合は、平行して走る国道4号線も渋滞必至かと思われます。去年がガソリン代高騰で多少は渋滞が少なかったのかもしれませんが、今年はこちら方面にゴールデンウィーク行く予定のある人は覚悟しておいた方がいいでしょう。


高速道路地方都市どんなに走っても一律1000円の実現まで後少し。同時に渋滞も起こるであろうと予測されるので、今度からは長距離=高速道路と言う発想から、混んでいる所は一部一般道と言う発想も取り入れると良いのかもしれません。


これを機にニッシーも高速道路をひたすらドライブ・・・やってみようかな〜〜。。。東北自動車道で浦和インターから青森インターまで走行しても通行料金1500円となる計算出し。全国津々浦々ドライブと言うのも楽しめそうです。
posted by ニッシー at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

試合勘、判断力、始めの1歩

おばんです。これ書いたら寝ると決めているニッシーです。(笑)おやすみなさいzzz・・・・・・・・・・・・・って早いっすよ。(笑う所です^^)


さてさて、いよいよ今日から3月ですね。ニッシーの中ではいよいよ野球シーズン到来の感があります。これから、11月頃までまた忙しくなってくるでしょう。徐々に気持ちが高ぶってきております。てなわけで、今日は審判の話題です。


とこの話題を書くと、野球をあまり知らない人はくいついてこれないのですが、審判目線!!!!って言うことで違う角度から野球を知っていただければななんて若干思っています。(笑)


ニッシーの審判としての課題点・・・


まぁ〜当然のことながらたくさんあるのですが、自分の中の課題の1つとして『最適なポジション探し』と言うのがあります。


実はニッシーどういうわけか、一昨年あたりからニッシーが球審をやった試合は何と言うことか、ホームでのクロスプレイの判定をする機会がぐぐっと増えているのです。


特に昨年は、確率としてニッシーが球審をやった試合では2試合に1試合くらいの確率で本塁でのクロスプレイが発生し、都度都度ニッシーが得点に入るか入らないかの超超重要な判定を行ってきました。今年も既に2回ホームでのクロスプレイの判定(前回の日記参照)を行っています。


しかしながら、その見ていた位置と言うのは去年は、シーズン初めから最後まで常に同じ位置で判定していました。


具体的に言うと本塁ー1塁の延長線上から若干3塁側に1,2歩動いた辺りがほとんどでした。しかしながら、昨年末のとある勉強会にて(先日の日記にも書きましたが・・・)ホームでのクロスプレイにおいて新たな発見を得て、先日の試合ではその位置に入ってやってみました。


結果、確かにその位置ではランナーの全体の動きやボールと足の位置が以前よりははっきりと見えました。なので、確かに考え方としてその位置に入ると言うのも一理あると思われます。


しかしながら、以前その日記を書いた際にある審判の方に言われたのですが、昨日のプレーはよく見えても、今日のプレーも同じ位置で見ようとすると、まったく見えなくなる可能性があるとのご指摘を受けました。確かにそれもあると思います。


と言うことはどういうことか。最適な位置はその時々の状況によって変わる。従って、基本を抑えつつそのプレイの中で、自分にとって最適なポジションを試合中に、しかもそのプレイを見ながら探さなければならない。その為の、最適なポジションに入るための判断力、またそこに入るぞ!と言う決断をプレイが行われているわずかな時間の中で審判はしなければならないと言うことになります。


ニッシーは、ホームでのクロスプレイと言うとこのプレイをいつも引き合いに出すのですが、野球審判員であるニッシーの目から見たクロスプレイの臨機応変な位置取り、そして周りの選手にも何も言わせないまさに審判してやったりと個人的に思っている映像があるのです。それが以下の映像です。


http://www.youtube.com/watch?v=ttMZkZcjuFs&feature=related


この本塁のクロスプレイ。ニッシーも当時このプレイを(ロッテファンと言うのもあり・・・)テレビで見ていました。


始めの通常映像のカメラは、本塁でのクロスプレイは、3−本塁間の延長線上からの映像になっています。これだと、(ニッシーだけかもしれませんが・・・)ランナーの足がベースに入ったのと捕手のタッグが捕手の背中等がブラインドになってしまい、見方によってはアウトにも見えてしまうのではないかと思うのです。


現にニッシー、テレビの映像だけを見た第1印象はアウトっぽいと感じました…


しかし、この球審の方の場合そういうのも考えてかどうか知りませんが、本塁の判定に対して通常の球審の常識だと若干考えにくい3−本塁間のライン上で判定しているのです。確かに、ここだと足の入りとかもよく見えるし、何しろよく見えていると思います。それでもって自信をもったセーフのコール、ダッグアウトからも誰も抗議に出ることもなく、まさにしてやったりの瞬間だったとニッシーは勝手に思っています。


今まで、ホームでのクロスプレイを何試合も見てきましたが、あれくらいの柔軟性と言うか、判断力、決断力がニッシーもほしいです。正直、今のニッシーの実力だとあそこの位置に入る勇気は正直言ってないですね。なので、この審判の方は試合勘っていうのが本当にあるんだろうな〜〜と、状況毎における最適な位置取りの感覚の取り方が上手なんだろうな〜〜と感じています。


今年で審判12年目。


まだまだですね。いよいよ今年のニッシーの審判本格始動です。
posted by ニッシー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。