2010年01月20日

大型特殊免許への挑戦はぶっつけ本番以外道はない???

おばんです。。。


最近の仕事は色々と疲れます。。。仕事内容のみならまだしも精神的に来るものは特に、、、ま、深く考えないようにはしていますけどね(笑)モチベーションの維持が大変です。


さて、明日はいよいよ待ちに待った大型特殊一種試験です。前回の日記(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1384714919&owner_id=650768)から2週間、、いよいよこの日がやってきました。と言っても、中型免許限定解除の時と比べて現在のニッシーは極めてリラックスモード。。。ただし、とにかくぶっつけ受験なのでかなり不安です。生まれて一度たりとも運転したことのない未知の車をいきなり試験会場で運転するわけですから。


ま、そんなこんなで(こんなことを言ってはいけませんが、、、)おそらく明日は90%以上不合格となるでしょう。残り10%は僅かな望みをこめて、あの代書屋の人が言っていた


「一発で受かった人もいますから〜〜〜」


この言葉を信じて頑張ろうと思っています(笑)


90%以上不合格かな?と思っていても一応これでも操作方法や各コースのポイント等は、ネットで下準備は行いました。ただ、前回の中型免許限定解除の時と違って今回最大のデメリットは、とにもかくにも大型特殊車両そのものに一度も乗車していないため、予めネットで収集した情報通りに事が運ぶものなのか???と言うのが最大の不安点です。


試験という舞台で果たしてどれだけ短時間の中で大型特殊という特殊な車両の特性を見抜き体に覚えさせることができるかが勝負となります。


実際に試験を受ける前に練習する場所を探して練習するのが最も合理的と言えるでしょう。もちろん費用を掛ければすぐ見つかりますし、自分が調べた中ではおそらくこの先はお世話になるかもしれない上江橋モータースクール(http://www.taiyo-group.co.jp/kamigobashi/)ここに通って2時間も練習すればある程度の車体感覚はつかめるのではないかとも思いました。


ただ、あくまでも今回の大型特殊免許はニッシーの中で通過点。。。わずか数時間の練習のために、多額の教習費用と往復の交通費等を考えるとちょっとお金がもったいないなと感じています。おそらく上江橋に通う費用だけで試験は2回は受けられます。捕らぬ狸の皮算用ですが(爆)仮に仮に仮に仮に仮に1回で受かってしまえば、即免許証をもらえる可能性があるのですから(笑)、、、大型特殊に限ればぶっつけ本番だけで挑戦したほうが圧倒的に有利だと判断した次第です。


一応これでも中型免許限定解除を一発試験で取得したので、一定の安全確認は自信があります。安全確認は、意識すれば何とかなりますが車両操作だけはどうしようもない・・・とにかく開き直った感じで明日の試験ハッスルしてきます。。。


もちろんここの場で結果もご報告いたします。
posted by ニッシー at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。